5月26日までのお役立ち情報

高校生の就職希望者の就職内定率が99.1%とのこと。

ほとんど全員が就職できているのは喜ばしいことですが、この水準はバブル期と同じです。


◆05/13 厚生労働省厚生労働省
女性活躍推進法に基づく「えるぼし」企業46社認定しました!
義務企業の行動計画策定届出率は85.0%- (厚生労働省

◆05/16 厚生労働省
短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大について
Q&A集・リーフレットを作成しました

◆05/18 埼玉りそな産業協力財団
埼玉県内賃金改定状況調査
賃上げを実施する企業は64.2%、4年連続の増加

◆05/18 厚生労働省
高校生に対するアルバイトに関する意識等調査結果について
32.6%の高校生が、労働条件等で何らかのトラブルがあったと回答

◆05/19 エフアンドエム
中小企業の人材育成に関する実態調査
71%の企業が従業員の教育訓練を実施。ただし業種に差。

◆05/19 転職会議
なんと転職者全体の4人に1人が転職したことを後悔!!
転職に失敗してしまう理由とは?

◆05/19 労働政策研究・研修機構
ものづくり産業における労働生産性向上に向けた人材確保、定着、育成等に関する調査
半数以上の企業が、労働生産性を向上させる取り組みのために人材確保・育成を実施

◆05/20 厚生労働省
平成27年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・内定状況」
高校生の就職内定率は99.1%、平成3年3月卒業者以来25年ぶりの水準。

◆05/20 NTTデータ経営研究所
働き方変革に取り組む企業は1年で約1割増、3社に1社が取り組む
女性活躍推進への見方は女性の方が厳しい

◆05/23 大和総研
日本企業の女性登用の状況と企業パフォーマンスとの関係
女性を積極的に登用している企業の収益性やリターンが高い

◆05/23 エン・ジャパン
転職希望者の5人に4人が “ブラック面接”の経験あり。
面接の印象を左右するのは「面接官の人柄と印象」

◆05/23 インテリジェンス
転職理由ランキングを発表「ほかにやりたい仕事がある」が7回連続1位
8業種中「メーカー」だけ「会社の将来性が不安」が1位という結果に




□◆◇■このブログは、ヒューマンリソースみらいが運営しています□◆◇■

c0105147_1234947.png







横浜の賃金制度・人事・労務管理は株式会社ヒューマンリソースみらい
http://www.hr-mirai.com/


横浜の労働保険・社会保険の手続、給与計算は社会保険労務士事務所みらい
http://www.4166.jp/index.html

[PR]

by mirai-jouhou | 2016-05-30 06:14 | お役だち情報  

<< 5月前半の人事労務最新情報 4月後半の人事労務最新情報 >>