9月前半の人事労務最新情報

最近の傾向として、「労働時間・労務管理」の分野の記事が増えています。

働き方の改革、多様な働き方などの話題が多く、雇用の仕組みが大きく変わろうとしていることが予想されます。


◆日本経済
○09/02
業況3期ぶりのマイナス。市内中小の4~6月。川崎信金調べ。
◯09/05
倒産件数3ヶ月連続増。増税で小売業目立つ。
◯09/06
県内、実質0.2%成長。雇用など改善。浜銀総研、今年度見通し。
◯09/09
街角景気4ヶ月ぶり低下。晴天の日少なく、増税の影響は緩和。
◯09/09
内需、年後半の回復カギ。4~6月のGDP実質年率7.1%減。
◯09/13
景気判断、9月据え置き。県内、増税の影響残る。日銀横浜支店。

◆雇用・採用
◯09/01
大手から転職、成長を後押し。40歳前後、中小が新天地。
○09/10
新規就業、離職率上回る。昨年16.3%、6年ぶり。
○09/13
高卒就職、広がる選択肢。求人倍率6年ぶり1倍超。ミスマッチ解消課題に。

◆賃金・賞与
○09/02
バイト評価にポイント制。昇給に反映、飛び級も。すかいらーく。
○09/05
IT人材派遣料、上昇。足元で2%。一部で受け入れ。
◯09/05
北海道電力、今冬の賞与支給見送り。役員報酬も削減。
◯09/07
外国人労働者の給与、造船も「日本人並みに」。建設に続き来年度義務化。
◯09/12
日本の歪んだ労働市場。二極化で賃金上がらず。
◯09/13
来春のベア要求検討。全トヨタ労連「環境整う」。

◆労働時間・労務管理
○09/01
配偶者転勤の休職制度導入。大和証券。
○09/02
海自隊員、いじめ自殺。暴行容疑で上司書類送検へ。
○09/04
社員の発明、特許は企業に。産業界、報酬ルールに理解。政府方針。
○09/05
入社4年目に全員移動。日本ガイシが新制度。
○09/06
「名ばかり専務」で過労。自殺男性に労災認定。社長にパワハラ受ける。
○09/06
大林組が女性現場所長。建設大手で初登用。入社20年、人材育つ。
◯09/09
非正規から正社員100万人。企業、人材囲い込み。若者世代の登用進む。
◯09/10
パート出身、正社員に登用。管理職候補に。ヨーカ堂。
◯09/11
働き方改革、割れる労使。「年収・職種」対立続く。海外の実態調査へ。
◯09/13
女性活躍へ働き方多様に。諮問会議で民間議員提言へ。

◆医療・介護
○09/01
長期入院減らせない。在宅介護へ移行進まず。
○09/02
医療・介護の補助基金、地域ごとに管理目標。厚労省、無駄遣い防止へ。
○09/12
高齢者医療の負担増大。大企業健保、3分の2赤字。

◆年金・企業保険・社会保険
○09/12
運用リスク、労使で分担。新企業年金案、中小向け簡素型も。厚労省。
○09/13
社会保障費、20年度1.5倍。東京都、初の長期推計。

◆その他
○09/12
13年の出生数、最小の102万人9816人。
○09/13
自治体、企業活用で格差。待機児童対策、参入遅れで影響大きく。
◯09/13
待機児童なお2.1万人。4年連続増、ペース鈍化。
◯09/15
65歳以上最多3296万人。総人口の25.9%に。総務省推計。


□◆◇■このブログは、ヒューマンリソースみらいが運営しています□◆◇■

c0105147_1234947.png





横浜の賃金制度・人事・労務管理は株式会社ヒューマンリソースみらい
http://www.hr-mirai.com/


横浜の労働保険・社会保険の手続、給与計算は社会保険労務士事務

所みらい

http://www.4166.jp/index.html

[PR]

by mirai-jouhou | 2014-09-22 09:35 | 人事労務最新情報  

<< 9月後半の人事労務最新情報 9月15日までのお役立ち情報 >>