雇用保険被保険者離職証明書の「離職理由欄」が変わります

従業員が離職した場合、事業主は「雇用保険被保険者資格喪失届」と「雇用保険被保険者離職証明書」を管轄のハローワークに提出する必要があります。
平成25年4月1日に改正高年齢者雇用安定法が施行されるのに伴い、同日付で「雇用保険被保険者離職証明書」の『離職理由』欄が変更となります。

c0105147_14425716.jpg


なお、主な変更点は

①旧様式の「2.定年、労働契約満了によるもの」を、「2.定年によるもの」と「3.労働契約満了によるもの」に分類
②「2.定年によるもの」の場合の選択項目を追加

詳しい内容や記入例は、下記の東京労働局のサイトで確認できます。

東京労働局『平成25年4月1日から「雇用保険被保険者離職証明書」の離職理由欄(定年による離職部分)の記入方法の変更のお知らせ』サイトはコチラ



このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2013-03-21 14:45 | 労働保険  

<< お役だち情報4/15更新 退職後継続再雇用された場合の「... >>