「日本再生人材育成支援事業」として始まった新たな助成金

こんにちは
横浜の社会保険労務士事務所
「社労士事務所みらい」社労士の中山です

厚生労働省では、「日本再生人材育成支援事業」の一環として、先月より新たな助成金を導入しました。
健康・環境・農林漁業分野等において、雇用する労働者(非正規雇用の労働者も含む)に対して、一定の職業訓練を実施した事業主や、被災地の復興のために必要な建設関係の人材育成を行った事業主を対象として、各種の助成金が活用できます。

c0105147_12212449.jpg


本ブログでは、その中でも雇用する労働者に対する職業訓練の実施に関わる助成金を紹介します。

①非正規雇用労働者育成支援助成金

【内容】
有期契約労働者に対し、一般職業訓練(Off-JT)または有期実習型訓練(Off-JT+OJT)を行った場合に、賃金および訓練経費について助成します

【支給額】
ひとつの訓練コースにつき以下の額を支給します
〈Off-JT分の支給額〉
○賃金助成・・・1人1時間当たり800円(大企業は500円)
○経費助成・・・1人当たり30万円(大企業は20万円)を上限
〈OJTの支給額〉
○実施助成・・・1人1時間当たり700円(大企業も700円)

【対象事業主】
健康・環境・農林漁業分野等の事業を行っており、キャリアアップ管理者を配置した上で、キャリアアップ計画・職業訓練計画を作成して訓練を実施した事業主


②正規雇用労働者育成支援奨励金

【内容】
正規雇用の労働者に対し、職業訓練(Off-JT)を行った場合に、訓練に要した経費を支給します

【支給額】
事業主が負担した訓練経費を、ひとつの訓練コースにつき対象者1人当たり20万円を上限として支給

【対象事業主】
健康・環境・農林漁業分野等の事業を行っており、職業訓練計画を作成して、訓練を実施した事業主


なお、この事業では上記の助成金の他に、海外進出を図ろうとする事業主や被災地の復興のために必要な建設関係の人材育成を行った事業主を対象として助成金も用意されています。

詳しい内容は、下記のサイトより確認できます。

厚生労働省「非正規雇用労働者も含めた人材の育成をしたいときは」日本再生人材育成支援事業 サイトはコチラ


このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2013-02-04 12:25 | 助成金  

<< 本年3月31日で廃止予定の「均... 平成25年度の雇用保険料率が決... >>