国民年金保険料の納付可能期間延長のお知らせ

これまで、国民年金保険料は2年を過ぎると時効により納めることができませんでしたが、平成24年10月1日より3年間に限って、納付可能な期間が2年間から10年間に延長されました。
(この制度を後納制度といいます)
この制度を利用することにより、年金額の増額や年金を受給するための資格期間(原則25年)を満たす場合があります。

c0105147_12214169.jpg


この制度を利用した場合のパターンは、下記の通りです。

①後納により年金額を増やせる方
②後納により年金受給資格が得られる方
③後納と任意加入により年金受給資格が得られる方
④後納しても受給資格が得られない方
⑤後納を希望しない方

制度や手続きの詳細は、下記のサイトよりリーフレットがダウンロードできます。

日本年金機構「国民年金保険料の納付可能期間延長のお知らせ」リーフレットのダウンロードはコチラ!


このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2012-10-10 12:24 | 社会保険(年金・健康保険)関連  

<< 中小企業定年引上げ等奨励金が廃... 改正労働者派遣法に関するQ&A >>