【雇用継続給付】平成24年8月1日より支給限度額が変更

雇用保険の被保険者に支給される『高年齢雇用継続給付』『育児休業給付』『介護休業給付』の支給限度額が、平成24年8月1日より変更となります。
この変更に伴い、新たな限度額を超えて支給されている被保険者の方については、支給額が変更となる場合があります。

c0105147_10284955.jpg


先日のブログでもご紹介しましたが、雇用保険の失業給付(基本手当)と同様に、高年齢雇用継続給付・育児休業給付・介護休業給付についても、前年度の平均給与額(毎月勤労統計の平均定期給与額)に応じて毎年見直しが実施されます。

今回の見直しにより、支給限度額等は下記のように変更となりました。


【高年齢雇用継続給付】
●支給限度額 344,209円 ⇒ 343,396円
●最低限度額 1,864円 ⇒ 1,856円

【育児休業給付】
●支給限度額 215,100円 ⇒ 214,650円

【介護休業給付】
●支給限度額 172,080円 ⇒ 171,720円


変更に関するリーフレットは、下記のURLよりダウンロードできます

厚生労働省「平成24年8月1日から支給限度額等が変更になります」リーフレットのダウンロードはコチラ


【関連ブログ】
8月1日から雇用保険の基本手当日額が変更となります
雇用保険の育児・介護休業給付の取扱い一部変更



このブログは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2012-07-27 10:40 | 労働保険  

<< 神奈川県最低賃金13円の引き上げへ 8月1日から雇用保険の基本手当... >>