障害者の法定雇用率が引き上げになります

「障害者の雇用の促進等に関する法律」では、事業主に対して、その雇用する労働者に占める身体障害者・知的障害者の割合が一定率(法定雇用率)以上になるよう義務づけています。

この法定雇用率が、平成25年4月1日より引き上げとなりました。

c0105147_14465284.jpg


引き上げの内容は、下記の通りです。

○民間企業
1.8% ⇒ 2.0%

○国、地方公共団体等
2.1% ⇒ 2.3%

○都道府県等の教育委員会
2.0% ⇒ 2.2%

また、今回の法定雇用率の変更に伴い、障害者を雇用しなければならない事業主の範囲が、従業員56人以上から50人以上に変わります。

なお、対象の事業主には、以下の義務があります。
①毎年6月1日時点の障害者雇用状況をハローワークに報告しなければなりません
②障害者雇用推進者を選任するよう努めなければなりません。


詳細は、下記のサイトをご覧下さい。

厚生労働省「障害者雇用率制度」サイトはコチラ



このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2012-06-26 14:49 | 労働法関連  

<< 8月1日から雇用保険の基本手当... 助成金パンフレット「雇用の安定... >>