国民年金第3号被保険者不整合記録の送付

今年初めに発覚した、専業主婦の年金記録問題について、国会では継続的に審議が行われていますが、このたび、日本年金機構では国民年金第3号被保険者期間の不整合期間をお持ちの方に、不整合記録を発送することとなりました。

c0105147_137156.jpg


国民年金の第3号被保険者が第1号被保険者となった場合には、届出が必要となりますが、この届出が漏れていたため、実際には第1号被保険者であるにもかかわらず、第3号被保険者期間として年金記録が管理されているケースがあります。

このような届出漏れの記録をそのままにしておくと、将来年金を請求する際に過去に遡って本来の第1号被保険者期間に記録訂正を行いますので、年金額が減額となったり、年金受給資格期間が少なくなり無年金者となる可能性があります。

このため、日本年金機構では、不整合期間を有する方に対し、不整合期間を本来の第1号被保険者期間へ変更し、変更後の年金記録をお知らせすることとなりました。

第1号被保険者期間へ変更した保険料の納付が必要な期間(過去2年以内)については、国民年金保険料の納付書が送付されますので、最寄の金融機関などで保険料を納めていただく必要があります。
また、現時点で第1号被保険者である方は今後も毎月保険料を納める必要があります。

年金記録の中に不整合期間が見つかり、過去2年より前に遡って第3号被保険者に該当していた場合、「第3号被保険者該当届」の届出が必要となります。

過去2年を超えた第1号被保険者期間で保険料の納付ができない期間のうち10年以内の期間については、このたび国民年金法が改正され、平成24年秋(予定)から3年間に限り、保険料の納付が可能となります。


詳しい内容は、下記のサイトをご覧下さい。

日本献金機構「国民年金第3号不整合記録をお持ちの方にお知らせを送付します」サイトはコチラ


【関連ブログ】

国民年金保険料、納付可能期間を10年間に延長



このブログは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2011-12-05 13:18 | 社会保険(年金・健康保険)関連  

<< 「ねんきんネット」の新サービス 3年以内既卒者対象の助成金、実... >>