協会けんぽ「被扶養者資格の再確認」について

昨年も実施されました、全国健康保険協会(協会けんぽ)の被扶養者資格の再確認が、今年も実施されます。

c0105147_17552390.jpg


協会けんぽでは、保険給付の適正化および高齢者医療制度における納付金・支援金の適正化を目的に、健康保険の被扶養者となっている方が、現在もその状況にあるかを確認させていただくため、毎年度、5月末から7月末までの間、被扶養者資格を再確認していいます。

平成22年度の再確認の結果、被扶養者から除かれた人は8.7万人でした。
その結果、削除による効果は40億円程が見込まれるようです。

ちなみに、削除となった主な理由は、『就職したが削除する届出を年金事務所へ提出していなかった』というもので、二重加入による解除の届出漏れが多く見受けられる結果となりました。

平成23年度においても、平成22年度と同様に平成23年5月末より、順次、被扶養者のリストを事業主の皆様へ送付する予定です。

なお、下記の方は再確認の対象からは除外されます。

①平成23年4月1日において、18歳未満の被扶養者
②平成23年4月1日以降に被扶養者認定を受けた被扶養者

すべての被扶養者が上記①または②に該当する場合、再確認は不要となります。
この場合、事業主への被扶養者状況リストは送付されません。

全国健康保険協会(協会けんぽ)「被扶養者資格の再確認について」サイトはコチラ

このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2011-03-09 18:09 | 社会保険(年金・健康保険)関連  

<< 【厚生労働省】東北地方太平洋沖... 「ねんきんネット」サービスがス... >>