<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

【雇用継続給付】平成24年8月1日より支給限度額が変更

雇用保険の被保険者に支給される『高年齢雇用継続給付』『育児休業給付』『介護休業給付』の支給限度額が、平成24年8月1日より変更となります。
この変更に伴い、新たな限度額を超えて支給されている被保険者の方については、支給額が変更となる場合があります。

c0105147_10284955.jpg


先日のブログでもご紹介しましたが、雇用保険の失業給付(基本手当)と同様に、高年齢雇用継続給付・育児休業給付・介護休業給付についても、前年度の平均給与額(毎月勤労統計の平均定期給与額)に応じて毎年見直しが実施されます。

今回の見直しにより、支給限度額等は下記のように変更となりました。


【高年齢雇用継続給付】
●支給限度額 344,209円 ⇒ 343,396円
●最低限度額 1,864円 ⇒ 1,856円

【育児休業給付】
●支給限度額 215,100円 ⇒ 214,650円

【介護休業給付】
●支給限度額 172,080円 ⇒ 171,720円


変更に関するリーフレットは、下記のURLよりダウンロードできます

厚生労働省「平成24年8月1日から支給限度額等が変更になります」リーフレットのダウンロードはコチラ


【関連ブログ】
8月1日から雇用保険の基本手当日額が変更となります
雇用保険の育児・介護休業給付の取扱い一部変更



このブログは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2012-07-27 10:40 | 労働保険  

8月1日から雇用保険の基本手当日額が変更となります

8月1日から、雇用保険の「基本手当日額」が変更となります。

c0105147_18154157.jpg


雇用保険の基本手当は、労働者が離職した場合に、失業中の生活を心配することなく再就職活動できるよう支給されるものです。
「基本手当日額」は、離職前の賃金を基に算出された1日当りの支給額をいいます。

この基本手当日額は、前年度の平均給与額(「毎月勤労統計調査」における毎月決まって支給する給与の平均額)に応じて毎年見直しが実施されます。
今回の変更は、平成23年度の平均給与額が、平成22年度と比べて約0.2%低下したことに伴うものとなります。


【具体的な変更内容】

(1)基本手当日額の最低額の引き下げ
1,864円 ⇒ 1,856円

(2)基本手当日額の最高額の引き下げ
○60歳以上65歳未満 6,777円 ⇒ 6,759円
○45歳以上60歳未満 7,890円 ⇒ 7,870円
○30歳以上45歳未満 7,170円 ⇒ 7,155円
○30歳未満     6,455円 ⇒ 6,440円


なお、詳しい内容は下記のサイトをご覧下さい。

厚生労働省「雇用保険の基本手当日額の変更」サイトはコチラ!




このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2012-07-18 18:25 | 労働保険