<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

「こども手当」の申請は3月末までに申請下さい!

昨年10月以降の「こども手当」に関しては受給要件が変更したため、中学校卒業前までのお子さんを持つ全ての方が、お住まいの市町村へ申請する必要があります。

c0105147_10471083.jpg


申請期限は、平成24年3月末までとなっています。
3月末までに申請をすれば、10月分からの手当を受給することができます。
なお、期限までに申請を行わなかった場合は、手当を受け取ることができなくなります。
ご注意下さい。

詳細は、下記のサイトをご覧下さい。

厚生労働省「平成23年10月からの子ども手当について」サイトはコチラ

厚生労働省では、昨年10月以降の子ども手当について、11.2%の人が受給のための申請をしていない可能性があると発表しています。
支給対象となる全国1,720万人の子供のうち、未申請が100万人を超える可能性があるとのことです。
ぜひ、いまいちどご確認下さい。


このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2012-02-28 10:53 | 社会保険(年金・健康保険)関連  

「高年齢者雇用安定法」の一部を改正する法律案

2013年度より厚生年金の支給開始年齢が引き上げられることに伴い、政府では高年齢者の65歳までの雇用を確保する議論が継続的に行われています。
そんな中、厚生労働省は「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の一部を改正する法律案」の要綱を、厚労省の諮問機関である労働政策審議会に提出し了承されました。

c0105147_10473019.jpg


改正案の概要は、下記の通りです。

1.継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みの廃止

・継続雇用制度の対象となる高年齢者につき、事業主が労使協定により定める基準により限定できる仕組みを廃止する

2.継続雇用制度の対象者が雇用される企業の範囲の拡大

・継続雇用制度の対象となる高年齢者が雇用される企業の範囲を、グループ企業まで拡大する仕組みを設ける

3.義務違反の企業に対する公表規定の導入

・高年齢者雇用確保措置義務に関する勧告に従わない企業名を公表する規定を設ける

4.「高年齢者等職業安定対策基本方針」の見直し

・雇用機会の増大の目標の対象となる高年齢者を、65歳以上の者にまで拡大するとともに、所要の整備を行う

5.その他

・所要の経過措置を設ける

なお、この改正案の施行日は、平成25年4月1日からとされています。

詳細は、下記のサイトをご覧下さい。

厚生労働省「第50回労働政策審議会職業安定分科会雇用対策基本問題部会」サイトはコチラ


なお、高年齢者の雇用に関する詳細は、下記のサイトをご覧下さい。

厚生労働省「高年齢者雇用対策」サイトはコチラ



このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営してます
[PR]

by mirai-jouhou | 2012-02-17 11:09 | 労働法関連  

平成24年4月分から【国民年金保険料】が引き下げ

平成24年4月分から国民年金保険料が引き下げになります。
現在、月額15,020円の保険料は、本年4月分より14,980円となります。

また、日本年金機構ではホームページ等を通して、国民年金保険料の前納割引制度の利用をPRしています。

c0105147_10453582.jpg


前納割引制度とは、1年分や6か月分など保険料をまとめて前払いすることにより、現金で毎月納付するよりも保険料が割引となる制度です。
さらに口座振替とすることで、現金納付よりも多くの割引が受けられる制度も用意しています。

一例をあげると、下記のようなパターンがあります。


【口座振替で1年分を前納】

割引額:年間3,770円の割引
申込:平成24年2月29日まで


【現金払いで1年分を前納】

割引額:年間3,190円の割引
申込:平成24年4月1日~5月1日


【毎月納付で口座振替“早割”】

割引額:年間600円の割引
申込:随時受付中


詳しくは、下記のサイトをご覧下さい。

日本年金機構「国民年金前納割引制度」サイトはコチラ


ちなみに、未納の国民年金保険料を遡って納付できる期間は現在2年間となっていますが、今年の10月より10年間に延長されます。
なお、この延長は3年間の時限措置となります。
こちらの情報も合わせてご確認下さい。

国民年金保険料、納付可能期間を10年間に延長


【関連ブログ】

平成24年度の年金額「0.3%の引き下げ」

「ねんきんネット」新サービス

国民年金第3号被保険者不整合記録の送付



このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2012-02-14 11:05 | 社会保険(年金・健康保険)関連  

【協会けんぽ神奈川支部】平成24年3月からの保険料率

先日のブログで平成24年3月1日からの「協会けんぽ都道府県単位保険料率」が決定された件をお知らせしました。

【関連ブログ】
平成24年度【協会けんぽ】都道府県単位保険料率

先日、神奈川支部から保険料率ならびに料率表のダウンロードが可能となりましたので、お知らせします。

c0105147_10383371.jpg


神奈川支部の健康保険料率は、9.98%。
介護保険料率は全国一律で1.55%と決定しました。

なお、40歳から64歳までの被保険者の方は、健康保険と介護保険を合わせて11.53%となります。

詳細は、下記のサイトよりご覧下さい。

協会けんぽ神奈川支部ホームページはコチラ

「平成24年3月からの健康保険・厚生年金保険の保険料額表【神奈川支部】」のダウンロードはコチラ


【関連ブログ】

外来診療に関する「高額療養費」の現物給付がスタート

平成24年度【任意継続被保険者】の標準報酬月額上限


このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2012-02-13 10:48 | 社会保険(年金・健康保険)関連  

外来診療に関する「高額療養費」の現物給付がスタート

健康保険では、病院や薬局の窓口で支払う自己負担額が、1ヶ月単位で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する「高額療養費制度」があります。
これまでは、入院される方については、「認定証」などの提示により、窓口での支払いを自己負担限度額にとどめることが可能でしたが、外来診療では、いったん自己負担額全額を支払う仕組みとなっていました。

この制度に関して、平成24年4月1日から、外来診療についても「認定証」などを提示すれば、自己負担限度額を超える分を窓口で支払う必要がなくなります。

c0105147_1822966.jpg



【70歳未満の方・70歳以上の非課税世帯等の方】

〈事前の手続き〉
・加入する健康保険組合などに「認定証」(限度額適用認定証)の交付を申請してください
〈病院・薬局などで〉
・「認定証」を窓口に提示してください


【70歳以上75歳未満で非課税世帯等ではない方】

〈事前の手続き〉
・必要ありません
〈病院・薬局などで〉
・「高齢受給者証」を窓口に提示してください


【75歳以上で非課税世帯等ではない方】

〈事前の手続き〉
・必要ありません
〈病院・薬局などで〉
・「後期高齢者医療被保険者証」を窓口に提示してください


なお、「認定書」を提示しない場合は、従来どおりの手続きとなります。
ご注意下さい。

詳しくは、下記のサイトをご覧下さい。

厚生労働省「高額な外来診療を受ける皆様へ」サイトはコチラ

リーフレットは下記のサイトよりダウンロードできます。

厚生労働省「高額な外来診療を受ける皆さまへ」リーフレットのダウンロードはコチラ


【関連ブログ】

平成24年度【協会けんぽ】都道府県単位保険料率

平成24年度【任意継続被保険者】の標準報酬月額上限

「高額療養費の外来現物給付化」に関するQ&A


このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2012-02-10 18:37 | 社会保険(年金・健康保険)関連  

平成24年4月1日からの労災保険料率

以前、本ブログでも紹介いたしましたが、平成24年度の労災保険料率は平均で0.6/1000引き下げられることなりました。

【関連ブログ】
労災保険料率の引下げ~平成24年度改正案~

c0105147_1155459.jpg


このたび、業種別の労災保険料率表のダウンロードが可能となりました。

業種によっては、大幅に料率が引き下げられて業種もあります。
料率表は、下記のサイトよりダウンロードできます。

神奈川労働局「平成24年4月1日から労災保険料率等が改正されます」サイトはコチラ


【関連ブログ】

平成24年度の雇用保険料率が決定

労働保険料等の口座振替が可能となります


このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2012-02-08 11:12 | 労働保険  

平成24年度の年金額「0.3%の引下げ」

厚生労働省は、平成24年度の年金額を公表しました。

1月27日、総務省から「平成23年平均の全国消費者物価指数」の対前年比変動率がマイナス0.3%となった旨、発表されました。
年金額は物価変動に応じて改定されるため、法律の規定により、平成24年度の年金額は、0.3%の引下げとなります。
なお、年金の受取額が変わるのは、4月分が支払われる6月の支払からとなります。

c0105147_11122212.jpg



【平成24年度の年金額の例】


○国民年金(老齢基礎年金(満額):1人分)

平成23年度(月額) ⇒ 65,741円
平成24年度(月額) ⇒ 65,541円(▲200円)

○厚生年金(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な金額)

平成23年度(月額) ⇒ 231,648円
平成24年度(月額) ⇒ 230,940円(▲708円)


詳細は、下記のサイトをご覧下さい。

厚生労働省「平成24年度の年金額は0.3%の引下げ」サイトはコチラ


【関連ブログ】

「ねんきんネット」の新サービス

国民年金第3号被保険者不整合記録の送付

健康保険・厚生年金保険の手続きパンフレット

社会保険関係の帳票類がエクセルでダウンロードできます

国民年金保険料、納付可能期間を10年間に延長


このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2012-02-06 11:22 | 社会保険(年金・健康保険)関連