<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

平成23年9月からの厚生年金保険料額

平成23年9月分から厚生年金保険の保険料率が改定されます。

c0105147_10175289.jpg


平成16年の法律改正により、厚生年金保険の保険料率は、平成29年9月まで、毎年、改定されることになっています。
今回、改定された厚生年金保険の保険料率は「平成23年9月分(同年10月納付分)から平成24年8月分(同年9月納付分)の保険料を計算する際の基礎となります。

なお、保険料率の改定内容は以下の通りです。


【一般被保険者の方】
(現行)16.058% ⇒ (平成23年9月~)16.412%

【坑内員・船員の被保険者の方】
(現行)16.696% ⇒ (平成23年9月~)16.944%


ちなみに、全国健康保険協会(協会けんぽ)の保険料率は現行と変更はありません。


日本年金機構「平成23年9月分からの厚生年金保険料額表」ダウンロードはコチラ

全国健康保険協会(協会けんぽ)「平成23年度保険料額表」サイトはコチラ



このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2011-08-19 10:27 | 社会保険(年金・健康保険)関連  

雇用促進税制優遇制度が創設されました

雇用を増やした企業に対する『税制優遇制度』が創設されました。

この制度は、「雇用促進計画」をハローワークに提出し、1年間で5人以上(中小企業は2人以上)、かつ、10%以上従業員数を増加させた事業主に対する税制優遇制度です。
従業員数の増加1人当たり20万円の税額控除が受けられます。

c0105147_10275648.jpg



1.税制優遇制度の概要

○平成23年4月1日から平成26年3月31日までの期間内に始まるいずれかの事業年度(以下「適用年度」)において、雇用者増加数5人以上(中小企業は2人以上)、雇用増加割合10%以上等の要件を満たす企業は、雇用増加数1人当たり20万円の税額控除が受けられます。


2.税制優遇制度の対象となる事業主の要件

○青色申告書を提出する事業主であること
○適用年度とその前事業年度に、事業主都合による離職者がいないこと
○適用年度に雇用者(雇用保険一般被保険者)の数を5人以上(中小企業の場合は2人以上)、かつ、10%以上増加させていること
○適用年度における給与等の支給額が、比較給与等支給額以上であること
○風俗営業等を営む事業主ではないこと


3.事務手続

①事業年度開始後2ヶ月以内に、目標の雇用増加数などを記載した雇用促進計画を作成し、ハローワークへ提出してください。ハローワークが、従業員の新規採用を支援します。
※平成23年4月1日から8月31日までの間に事業年度を開始する事業主の場合には、10月31日までに提出してください。

②事業年度終了後2ヶ月以内(個人事業主については3月15日まで)に、ハローワークで雇用促進計画の達成状況の確認を求めてください。

③確認を受けた雇用促進計画の写しを確定申告書等に添付して、税務署に申告してください。


厚生労働省「雇用促進税制」のサイトはコチラ!

「雇用促進税制」リーフレットのダウンロードはコチラ!

「雇用促進計画の提出手続き」パンフレットのダウンロードはコチラ!


なお、雇用促進計画の作成・確認などについては、事業所を管轄する労働局又はハローワークまで、税額控除制度については、最寄の税務署までお問い合わせ下さい。


【関連ブログ】

助成金カテゴリ『記事一覧』はコチラ


このサイトは「ヒューマンリソースみらい」が運営しています
[PR]

by mirai-jouhou | 2011-08-03 10:47 | 助成金