<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

特定(産業別)最低賃金が改定されます


 産業別最低賃金は、
特定の産業について、関係労使が基幹的労働者を対象として、
地域別最低賃金より金額水準の高い最低賃金を定めることが必要
と認めるものについて、設定されています。


 今回、神奈川では、前年と比べてほぼ10円前後のアップとなりました。


 産業別最低賃金額を下回る賃金を支払った場合については、
労働基準法第24条の賃金の全額払違反の罰則
(労働基準法第120条。罰金の上限額30万円。)が適用され、

産業別最低賃金が適用される労働者に、
地域別最低賃金額を下回る賃金を支払った場合は、
最低賃金法違反の罰則(罰金の上限額50万円)の適用となります。
(最低賃金法第6条第2項、第4条第1項、第40条)。

 
 この特定(産業別)最低賃金の効力発生は、平成20年12月20日となっています。



 詳しくは、神奈川労働局
 または
 厚生労働省のホームページをご覧ください。



 このページはヒューマンリソースみらいが運営しております。
[PR]

by mirai-jouhou | 2008-11-26 14:44 | 賃金