<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

地域別最低賃金が改定されました

 平成20年7月1日施行の改正最低賃金法をうけ、
10月25日より新しい最低賃金が改定されます。


 
 最低賃金制とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、
使用者は、その最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならない
とされている制度です。 


仮に最低賃金額より低い賃金を労使合意の上で定めても、
それは法律により無効とされ、
最低賃金額と同額の定めをしたものとみなされます。


 最低賃金は都道府県毎に決定され、神奈川県の地域別最低賃金は、
1時間当たり766円と以前より30円のアップとなりました。


 最低賃金の対象となる賃金は、毎月支払われる基本的な賃金で、
基本給および諸手当(役職手当、営業手当等。通勤手当、家族手当等は除く)が
対象となります。


臨時に支払われる賃金や、1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金は、
対象となりません。


賃金が月給制の場合は、

(月給額×12か月)÷年間総所定労働時間≧最低賃金額(時間額)

で計算します。


この金額は、神奈川県の事業場で雇用されるすべての労働者
(アルバイト、パートタイマー等含)に適用となります。


ただし、産業別最低賃金が適用される労働者は除かれます。


 また、改正法の施行前に都道府県労働局長の許可を受けて、
最低賃金法が適用除外となっている労働者については、
施行日(平成20年7月1日)から新たに最低賃金の減額特例許可を
受けなければなりません。


 最低賃金は、賃金や物価の動向の他、生活保護との整合性にも配慮し、
都道府県別にほぼ毎年改定されていますが、
神奈川県は全国的に見てもかなりの大幅アップとなったようです。


詳しくは、神奈川労働局
または厚生労働省のホームページをご覧ください



このページはヒューマンリソースみらい
が運営しております。

[PR]

by mirai-jouhou | 2008-10-23 12:33 | 賃金