<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

労働契約法が施行しました


平成20年3月1日に「労働契約法」が施行されました。

就業形態が多様化し、労働者の労働条件が個別に決定・変更されるようになる中、、
会社と労働者との個別の労働紛争が増えています。

しかし、このような紛争を解決するための労働契約についての基本的なルールを
まとめた法律がありませんでした。

このような中で、労働契約についての基本的なルールがわかりやすい形で
明らかにされたわけです。

従来、紛争の解決手段として、裁判制度のほかに、
平成13年から個別労働紛争解決制度、
平成18年から労働審判制度が施行される等、
手続面での整備が進んできました。

今回、労働契約法の制定により、
紛争の防止、個別の労働関係が安定することが期待されます。


主な内容は、

労働契約の基本ルール
労働契約の成立・変更
労働契約の内容の変更
労働契約の継続・終了
期間定めのある労働契約

についてです。



企業の取り組みとして、今まで以上に就業規則が重要となってくると言えます。
就業規則の整備とともに、従業員への周知徹底しているかどうかを
今一度、確認することをお薦めします。

労働契約法に関する詳細については厚生労働省のホームページをご覧下さい。


このページは、ヒューマンリソースみらいが運営しています。
[PR]

by mirai-jouhou | 2008-03-03 17:17 | 労働法関連