<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

外国人雇用状況の届出が義務化されました

平成19年10月1日より
全ての事業主に対して、
外国人労働者の雇い入れおよび離職の際に、
その外国人労働者の氏名、年齢、在留資格、在留期間等を、
ハローワークを通じて厚生労働大臣に届出ることが義務化されました。
(特別永住者および在留資格「外交」・「公用」の外国人は除きます)

届出等の方法については、
・雇用保険の被保険者である外国人
・雇用保険の被保険者でない外国人
・平成19年10月1日時点で現に雇い入れている外国人
上記により区分し、様式が異なり、届出ることになります。
届出先は、所在地を管轄するハローワークの窓口の他、電子申請によることも可能です。

報告書の提出を怠ったり、虚偽の報告をした場合、30万円以下の罰金が科せられますので
ご注意下さい!

詳細はこちら↓
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/gaikokujin-koyou/index.html

また、10月1日より、事業主に対して、外国人労働者の雇用管理の改善および
再就職支援の努力義務が課せられましたので、合わせてご確認下さい。

詳細は、厚生労働省ホームページ内をご覧下さい!
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/gaikokujin-koyou/01.html

このブログは、ヒューマンリソースみらいが運営しています。
[PR]

by mirai-jouhou | 2007-10-11 11:26 | 労働法関連